横浜市 戸塚 美容室 コムセボ

戸塚 美容室 美容院 ボリューム アンチエイジング コム・セ・ボ

知って得する豆知識

私達は皆様に本物の美しさをご提供させて頂きたい思いで、長い間、色々と探し求めテストしてきたからこそ美しさをご提案できるメニューとセレクト商品があります。

「ハリ、コシがない」「艶がない」「ボリュームがでない」「髪がぱさつく、カラーの色持ちが悪いなど」
髪の悩みを持っている方にとって、またとない新情報

シャンプーの危険な洗浄成分


シャンプーに使われている洗浄成分について、皆さんご存知ですか?あまり気にしたことはないと思います。しかし、シャンプーにとって洗浄成分は、その商品の品質を決める物です。シャンプーボトルの裏面をご覧下さい。全成分表があります。配合量順に順番に成分が並んでいます。

シャンプーは水と洗浄成分でほとんどを構成しています。成分表を見るといろいろ入っているように見えますが、洗浄成分以外が仕上がりに与える影響は少ないでしょう。しかし、髪質を傷めず良くするとなると他の物もとても大切となります。

洗浄成分を見極めることで、いいシャンプーというものは分かるのです。よい洗浄成分を使っているシャンプーは、そのまま仕上がりの良さにつながります。逆に質の悪い洗浄成分のシャンプーを使えば、いくらトリートメントなどをしていても、髪の毛や頭皮はいい状態にならないのです。ここがとても大事なところなのですが、コンディショナーやトリートメントではなく、シャンプーの時点で髪の仕上がりがほぼ決まっているのです。
≪それでは代表的な洗浄成分について説明します。≫


■硫酸系洗浄剤
ラウリル硫酸Naなど成分名に硫酸の入るもの。高級アルコールを原料とした洗浄剤。洗浄力が大変強い、原価が安い、生分解性が悪い、などの特徴があります。
やすさゆえ一番広く使われています。

*魚などへの毒性など、環境悪化の心配があるようです。

また、高級アルコールの高級はいい意味ではありません。
成分表記の低級、中級、高級の分類上の高級というだけで良い意味ではないのでご注意を。


■アミノ酸系洗浄剤
アミノ酸から作られた洗浄剤。髪と同じアミノ酸なので、髪に対し保湿効果などがある、洗浄力が穏やか、低刺激などの特徴があります。しっとり仕上がるものからさっぱりふんわり仕上がるものまで数種類あります。


■ベタイン系洗浄剤
天然成分から作られた洗浄剤。適度な洗浄力で低刺激なため、ベビー用の製品に良くつく使われます。髪の毛に対しても柔軟効果などがあります。


■グルコシド系洗浄剤
グルコースという糖から作らたもの。洗浄力も穏やかで、低刺激、安全性も高く、泡立ちもよい洗浄剤。


■たんぱく質系洗浄剤
シルクやコラーゲンなどのたんぱく質からできた洗浄剤。髪の毛もタンパクからできているので髪に対してダメージケア効果があります。トリートメントしながら洗える洗浄剤です。洗浄力は穏やか。


この中で1つ問題な洗浄剤があります。
もうお分かりでしょうが、硫酸系洗浄剤です。
問題点は洗浄力が過度に強く、髪や頭皮の水分油分を奪いすぎる、刺激も強い、生分解性が悪く環境に悪い、ふけやカユミの原因にもなります。さらに頭皮から吸収され体の内部にまで悪影響を与えると指摘する専門家もいます。
最近女性を中心に、若い人の薄毛が増えてきたといわれていますが、この洗浄剤が原因とも言われています。髪に対する特徴といえば、保湿効果などはなく、髪が乾燥しごわごわ、ぱさぱさになりがちです。カラーの色落ちも早いのです。洗うほど髪にダメージを与えてしまいます。